【仙台国立医療センター】人気の仙台の産院で出産。体験談をまとめました

子育て
みき
みき

仙台にある国立医療センターで出産しました。
体験談をまとめましたので、今後出産する方はご参考にしていただけると嬉しいです。

※私の個人の感想、個人で確認・感じたことですので、正確な情報は妊婦検診などで確かめてください。

スポンサーリンク

医療センターに決めた理由

私の第2子出産予定日は2020年4月。
第1子の出産時から断トツで人気の病院でした。

第1子の時は、残念ながら心拍が確認できたときには予約が数日前に締め切られており、とれませんでした。
仙台は産院が少なく、セミオープンシステムを利用した場合私の通う婦人科は、心拍確認後の予約となりました。

妊娠中の通院について(セミオープンシステム利用)

私は仙台市のセミオープンシステムというものを利用しました。
妊婦検診は地域の婦人科で受診し、20週の検診、また出産が近くなってきてからの検診はセミオープン先の病院を利用する、というものです。

セミオープンシステムでは、
・仙台市立病院
・公済病院
・国立仙台医療センター
・仙台赤十字病院
・東北大学病院
があります。
街の婦人科で希望の病院を伝えて申し込みをします。
ハイリスクの方は受け入れていないなど病院によって状況が異なる可能性がありますので、申込時にご確認ください。
ちなみに、私の出産した医療センターでは、妊娠高血圧症候群の場合、東北大学病院に異動することになると聞きました。

LDR完備、出産は夫の立ち合い可能

LDRとは陣痛から出産まで過ごせる部屋のことです。
陣痛中の部屋が個室になっています。
立ち合い分娩の方はパートナーのかたに支えていただくことのできる部屋です。

残念ながら私が出産した2020年4月は新型コロナウイルスの影響で立ち合い分娩が不可になり、
LDRで助産師さんに支えられて出産をしました。

入院中のケアについて

看護師さんのケアが嬉しかった入院中。どんなことがあったのかまとめます。

【噂】マッサージチェアがある??

マッサージチェアがあると聞いていましたが、旧建物ではあったそうですが、ありませんでした!残念……

母乳推進だけど無理はさせない、添い乳は禁止!

母乳推進の産院ですが、無理やり母乳にすることはありません。

母乳ので具合に応じてミルクを足したり、搾乳機を使ったりしていました。

入院中は危険防止のため、添い寝・添い乳は禁止されていました。

予定日超過の場合は42週前に促進剤

予定日を過ぎた場合は41週中に入院して出産します。

ちなみに、私は入院予定をたてましたが、陣痛が来て出産しました。

帝王切開数が多いのはリスクのある患者さんを受け入れているから

帝王切開数が公式サイトに公開されています。

件数が多いことが気になり尋ねたところ、

『リスクが高い妊婦さんを受け入れているから、回りの病院より帝王切開率が高い』と看護師さんに教えていただきました。

入院費は約60万!?

入院費は、自然分娩6泊7日入院で、58万2千円でした。出産一時金を引いて、16万2千円です。

その他かかる費用

入院費の他に、産休手当ての申請文書や、赤ちゃんの新生児検査費用、テレビカード、洗濯機利用(テレビカード利用)などかかるものがあります。

テレビカードは千円札が必要です。

文書などを含むお会計はカードが使えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました