【ワーママ】産休・育休で支給されるお金について

マネー
みき
みき

産休に入りました!
手当はいくら出るのかな…

私の働く会社は産休に入ると給与が出ません!
多くの方が出ないと思いますが、どのくらいの手当てが出るか計算してみました!

スポンサーリンク

出産育児一時金

出産すると一時金として手当てが出ます。
その金額は子ども一人当たり42万円。
産院によっては、入院にかかる費用と相殺できる仕組みがあります。

なので
(出産費用ー42万円)=病院の窓口で支払う金額
となります。

私の住む仙台の大きな病院の普通分娩の出産費用は55万~60万程度が相場です。
なので普通分娩の場合は、13~18万くらいかかりそうです。もちろん個室などにした場合は別途費用が掛かりますし、
帝王切開の場合は高額医療費などに該当するので費用が大きく変わってきます。

出産手当金

1人出産する場合の産前産後休暇は、
出産予定日の42日前(6週前)~出産予定日の翌日から56日(8週前)です。

1日当たりの手当金額の計算方法は、
支給開始日の以前12カ月間の各標準報酬月額を平均した額÷30日×(2/3)
となります。

私の場合、20万の等級から途中22万の等級に変わりました。
なので21万として計算するとこうなります。

21万÷30日×(2/3)=4666.6円
4666.6円×98日(予定日通りに出産した場合)=45万7326円

1日当たりでみると小さいですが、まとまると意外とありますね♪

育児休業給付金

育児休業給付金の1カ月の支給額は
「休業開始時賃金日額×支給日数(通常30日)の67%」

育児休業の開始から6カ月経過した場合は
「休業開始時賃金日額×支給日数の50%」

の金額が支給されます。

産後休暇が終わった翌日から育児休業がスタートします。
子どもが1歳になる前の日まで取得する予定ですので、
支給期間を約10ヵ月として月額で上記式に当てはめてみると、、、

21万×67%×6ヶ月=844,200円
プラス
21万×50%×4ヶ月=420,000円
イコール
1,264,200円

が受け取れます。
ありがたいですね。

会社からの出産手当て

私の会社は出産手当てがあります。
その金額1万円。
無いよりいいですね。。。

旦那の会社の出産手当て・子ども手当

旦那様の会社にも出産手当てが無いか確認してみましょう。
また、扶養手当として子供の人数に応じて手当が増えるところもあるようです。
(私の主人の会社はありがたいことに月収1万増えるらしい!!)

児童手当て

出産届と同時に児童手当の手続きもしましょう。
支給される月額は、

3歳未満 一律15,000円、3歳~小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

申請した月の翌月分の手当から支給されます。

まとめ

産休・育休中ボーナスは出ませんが、手当てなどが増えるので助かりますね。
子どもを育てるにはお金がかかります。

正直なところ、「小さいうちが貯め時」とは思いませんでした。
保育園の2歳児クラスまでは保育料が高い高い…
(第1子の初年度は5万円近くかかっていました><…働くお金のほどんどが保育料に…)

今は3歳クラス以上は保育料無償化で助かっています!
無償化で、いままで約27000円→食費のみ約5500円になりました。

もうちょっと貯めるために努力しなければ!と思ったのでした。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました